メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・化学療法誘発性骨髄抑制の予防薬としてCDK4/6阻害薬trilaciclibが承認

進展型小細胞肺がんを適応に

 2021年02月15日 11:04
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は2月12日、進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)における化学療法(プラチナ製剤/エトポシドまたはトポテカン含有レジメン)誘発性の骨髄抑制に対し、CDK4/6阻害薬trilaciclibを承認したと発表した。

 trilaciclibは化学療法実施前に投与することで骨髄保護が期待できる初の治療薬。さまざまな病期の小細胞肺がん患者を対象に好中球減少症の有意な減少が認められた3件の第Ⅱ相ランダム化比較試験に基づき、2019年にFDAより画期的治療薬に指定され優先審査の対象となっていた。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・化学療法誘発性骨髄抑制の予防薬としてCDK4/6阻害薬trilaciclibが承認