メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

高線量救援放射線、前立腺がん進行抑制せず

第Ⅲ相試験SAKK 09/10の長期解析

 2021年02月15日 18:47
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺がんに対する前立腺全摘後の生化学的再発に対しては、サルベージ放射線治療が一般的に行われている。米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム2021(ASCO-GU 2021、2月11~13日、ウェブ開催)でドイツ・Charité -Universitätsmedizin BerlinのPirus Ghadjar氏は、サルベージ放射線治療における従来線量と増強線量の効果と安全性を比較した非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験SAKK 09/10について報告。線量増強による進行抑制効果は認められなかったことを明らかにした。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  高線量救援放射線、前立腺がん進行抑制せず