メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

日本化薬、ペメトレキセドのジェネリック医薬品が承認取得

 2021年02月15日 17:36
プッシュ通知を受取る

 日本化薬は本日(2月15日)、ジェネリック医薬品の代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤ペメトレキセド点滴静注用800mg「NK」、ペメトレキセド点滴静注液100mg「NK」、同500mg「NK」、同800mg「NK」について、製造販売承認を取得したことを発表した。同社は、発売日等は先発医薬品の特許満了日を考慮し、あらためて案内するとしている。

 なお、日本イーライリリーが製造販売元のペメトレキセド点滴静注用100mg「NK」、同500mg「NK」については、2016年2月15日に承認を取得していた。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  日本化薬、ペメトレキセドのジェネリック医薬品が承認取得