メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ蔓延でAMI受診が1.7時間遅れ

 2021年02月16日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 急性心筋梗塞(AMI)の治療では、胸痛発生後の迅速な救急搬送および直接的経皮的冠動脈インターベンション(primary PCI)施行が重要である。しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延に伴い、AMI患者当人やバイスタンダーが救急要請を躊躇するケースが見られており、生命予後への悪影響が懸念されている。国立循環器病研究センターの北原慧氏らは、昨年(2020年)4月7日に発令された緊急事態宣言以後におけるST上昇型AMI(STEMI)患者の発症〜同センター到着に要した時間などを検討。発令以前と比べ1.7時間の有意な延長が認められたと、Open Heart2021年2月6日オンライン版)に報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  コロナ蔓延でAMI受診が1.7時間遅れ