メニューを開く 検索を開く ログイン

既治療mCRPCへのペムブロリズマブ併用は有望

第Ⅰb/Ⅱ相試験KEYNOTE-365コホートBの追加解析

 2021年02月16日 17:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 第二世代抗アンドロゲン薬(アビラテロンまたはエンザルタミド)による治療歴がある転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)を対象に、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ+ドセタキセル+prednisone併用の有効性と安全性を検討する第Ⅰb/Ⅱ相試験KEYNOTE-365のコホートBでは、良好な成績が得られたことが昨年(2020年)の米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU 2020)で示されている。米・University of Pittsburgh Medical CenterのLeonard Appleman氏らは今回、同試験コホートBの追加解析結果をASCO-GU 2021で発表。長期間(追跡期間中央値32.4カ月)にわたり、有望な結果が示されたと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  既治療mCRPCへのペムブロリズマブ併用は有望