メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

COVID-19の認知症高齢者への対応のための手引きを作成

広島大学

 2021年02月16日 16:24
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 広島大学は2月15日、同大学大学院共生社会医学講座が同大学内外の団体とともに、一般病床および介護施設における「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)もしくはその疑いがある認知症高齢者の行動・心理症状の対応および身体拘束予防のための手引き」を作成したことを発表した。同手引きは一般病床向けと介護施設向けにそれぞれ作成されており、同大学公式サイトで全文が公開されている。、医療・介護従事者が具体的にCOVID-19もしくはその疑いがある認知症高齢者に対してどのように対応するべきか、特にせん妄や行動・心理症状と身体拘束について現時点における考え方を整理したものだという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  COVID-19の認知症高齢者への対応のための手引きを作成