メニューを開く 検索 ログイン

唾液でコロナ陰性でも消化管は陽性の場合も

内視鏡検査受診者のRT-PCR結果

2021年02月17日 15:11

49名の医師が参考になったと回答 

 消化器内視鏡検査は多くの疾患の早期発見と治療に役立つ一方で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック下においてはエアロゾルの発生などもあり、高リスクな処置と考えられている。そこで横浜市立大学肝胆膵消化器病学講師の日暮琢磨氏らは、内視鏡医療スタッフが曝露する可能性がある唾液、胃液、腸液中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性率を調査。その結果「無症候で唾液中にウイルスが検出されない患者でも、消化管に一定の割合でSARS-CoV-2が認められることが分かった」とDig Endosc2021年2月6日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  唾液でコロナ陰性でも消化管は陽性の場合も

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535295 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外