メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

FGFR2陽性胆道がんに対するコンパニオン診断としてFoundationOne CDxが承認

 2021年02月17日 13:44
プッシュ通知を受取る

 中外製薬株式会社は2月16日、FGFR2融合遺伝子陽性胆道がんに対する線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害薬ペミガチニブのコンパニオン診断として、FoundationOne CDx がんゲノムプロファイルが承認されたことを報告した(関連記事「中外が新規がんコンパニオン診断薬を申請」)。

 ペミガチニブはFGFR2融合遺伝子陽性の進行胆管がんの治療薬として昨年(2020年)9月14日に承認申請が行われている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  FGFR2陽性胆道がんに対するコンパニオン診断としてFoundationOne CDxが承認