メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

KRAS G12C陽性既治療NSCLCに対するsotorasib、米で優先審査指定

 2021年02月17日 13:54
プッシュ通知を受取る

 米・Amgenは2月16日、KRAS G12C阻害薬sotorasibについて、KRAS G12C変異陽性の局所進行性/転移性非小細胞肺がん(NSCLC)で少なくとも1レジメン以上の全身療法の治療歴がある患者を適応として、米食品医薬品局(FDA)が優先審査に指定したと発表した。

 sotorasibの承認申請は化学療法および/または免疫療法による治療後に進行した局所進行性/転移性NSCLC患者を対象とした第Ⅱ相試験CodeBreaK 100の結果に基づく(関連記事「sotorasib、KRAS変異NSCLCで深く長期に奏効」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  KRAS G12C陽性既治療NSCLCに対するsotorasib、米で優先審査指定