メニューを開く 検索 ログイン

レンバ+ペム、未治療腎細胞がんで予後改善

第Ⅲ相試験CLEAR

2021年02月18日 18:00

3名の医師が参考になったと回答 

 進行腎細胞がん(RCC)に対し、マルチキナーゼ阻害薬レンバチニブおよび抗PD-1抗体ペムブロリズマブは、それぞれ単剤で活性が示されている。また二次治療においては、mTOR阻害薬エベロリムス単剤療法に比べレンバチニブ+エベロリムス併用療法で有効性が報告されている。米・Memorial Sloan Kettering Cancer Center(MSKCC)のRobert Motzer氏らは今回、進行RCCに対する一次治療として、標準治療薬のマルチキナーゼ阻害薬スニチニブ単剤を対照に、レンバチニブ+ペムブロリズマブおよびレンバチニブ+エベロリムスの有効性と安全性を検証した第Ⅲ相試験CLEARにおいて、レンバチニブ+ペムブロリズマブによる有意な予後改善効果が示されたと米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム2021(ASCO-GU 2021)で報告。詳細はN Engl J Med(2021年2月13日オンライン版)に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  レンバ+ペム、未治療腎細胞がんで予後改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535325 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外