メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

メトホルミンが多発性肝囊胞に有効

ラットへの投与で、肝嚢胞や線維化を抑制

 2021年02月18日 05:04
プッシュ通知を受取る

 肝臓に囊胞が発生し多発する、遺伝性肝疾患の多発性肝囊胞。囊胞の増大に伴い腹部が拡張して日常生活に支障を来すが、保険収載されている多発性肝囊胞に有効な薬剤はなく、アンメット・メディカルニーズが高いとされている。東北大学大学院内部障害学分野の佐藤陽一氏、教授の上月正博氏、東北医科薬科大学リハビリテーション学教授の伊藤修氏らの研究グループは、多発性肝囊胞のモデルラットに糖尿病治療薬メトホルミンを投与した実験で、肝囊胞や肝臓の線維化が抑制されることを初めて確認したとAm J Physiol Gastrointest Liver Physiol2021年1月13日オンライン版に発表した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  メトホルミンが多発性肝囊胞に有効