メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ治療薬4剤、有効性示さず

WHO連帯治験の中間解析結果

 2021年02月19日 15:14
プッシュ通知を受取る

225名の先生が役に立ったと考えています。

 世界保健機関(WHO)は、昨年(2020年)3月から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の入院患者に対する抗ウイルス薬4剤の効果を検討する連帯治験(WHO Solidarity Trial)の中間解析結果をN Engl J Med2021; 384: 497-511)に発表した。レムデシビル、ヒドロキシクロロキン、ロピナビル(LPV)/リトナビル(RTV)配合剤、インターフェロン(IFN)β-1aのいずれでも、院内死亡率の低下、人工呼吸器装着の抑制、入院期間の短縮は認められなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  新型コロナ治療薬4剤、有効性示さず