メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

レゴラフェニブが供給再開

 2021年02月19日 12:01
プッシュ通知を受取る

 日本癌治療学会は2月18日、同日からのマルチキナーゼ阻害薬レゴラフェニブ(商品名スチバーガ)の供給再開について、バイエル薬品からの「供給再開に関するお知らせ」を公式サイト上で告知した。同薬は海外工場における追加的な品質上の確認作業により、一時的に出荷調整が行われていた(関連記事「レゴラフェニブが出荷調整に」)。

 同薬は、わが国では①治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん②化学療法(イマチニブおよびスニチニブ)後に増悪した消化管間質腫瘍③がん化学療法後に増悪した切除不能な肝細胞がん-を適応として承認されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  レゴラフェニブが供給再開