メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

がん患者へのコロナワクチン接種に方針

肺癌学会がExpert opinionをアップデート

 2021年02月19日 18:59
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 日本肺癌学会の新型コロナ感染症(COVID-19)対策ステートメント作成ワーキンググループは、このほど「COVID-19パンデミックにおける肺癌診療:Expert opinion」の第2.0版(以下、最新版)を公式サイト上に公開した。わが国でもようやくファイザーとビオンテックが開発したコロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)(商品名コミナティ)の接種が始まったことから、最新版ではがん患者の薬物治療下におけるワクチン接種についての基本的な考え方が盛り込まれた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  がん患者へのコロナワクチン接種に方針