メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナワクチンの輸送を開始

ファイザー・DHL グローバルフォワーディングジャパン・全日本空輸

 2021年02月20日 12:03
プッシュ通知を受取る

 ファイザー、DHL グローバルフォワーディングジャパン、全日本空輸の3社は連名で2月19日、ファイザーの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンについて、欧州ベルギーから日本までの国際区間の輸送を開始したことを発表した。

 上記3社は、SARS-CoV-2ワクチンを厳密な温度管理で安全に輸送・供給するためのオペレーション体制を構築しているとし、今後も引き続き、同ワクチンの輸送・供給を進めていくとしている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  新型コロナワクチンの輸送を開始