メニューを開く 検索を開く ログイン

日本人コロナ患者におけるVTEの実際

症例集積研究

 2021年02月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では肺塞栓症(PE)を含む静脈血栓塞栓症(VTE)の合併頻度が高いとする海外の報告は多い。桑名市総合医療センター副病院長の山田典一氏、横浜南共済病院(横浜市)心臓血管外科部長の孟真氏らが率いる「日本でのCOVID-19とVTEの実態調査タスクフォース」は、日本の臨床におけるCOVID-19患者のVTEの実態を明らかにするため、症例集積研究を実施。「集中治療室(ICU)以外でVTEと診断されるケースもあり、注意が必要」とCirc J(2021年1月20日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  日本人コロナ患者におけるVTEの実際