メニューを開く 検索を開く ログイン

心筋梗塞の瞬間死リスクを運動で低下

 2021年02月22日 18:50
プッシュ通知を受取る

65名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 虚血性心疾患は世界でも主要な死因の1つで、その予防は公衆衛生上の優先事項となっている。デンマーク・Bispebjerg Frederiksberg University HospitalのKim W. Hansen氏らは、身体活動と心筋梗塞(MI)急性期(即時〜28日以内)の死亡との関連について検討し、結果をEur J Prev Cardiol(2021年2月10日オンライン版)に報告。「MIの急性期死亡のうち62%が瞬間死(instant death)だったが、身体活動により瞬間死のリスクを低下できることが示唆された」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心筋梗塞の瞬間死リスクを運動で低下