メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナとインフルエンザを同時測定可能な検査試薬が承認

シスメックス「HISCLTM インフルエンザ試薬」

 2021年02月22日 11:56
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 シスメックスは2月18日、A型インフルエンザウイルス抗原およびB型インフルエンザウイルス抗原を個別に検出可能な検査試薬「HISCLTM インフルエンザ試薬」が体外診断用医薬品としての製造販売承認を取得し、同日付で保険適用されたことを発表した。

 これにより、全自動免疫測定装置 HISCLTM-5000/HISCLTM-800とともに本製品およびSARSコロナウイルス抗原キット「HISCLTM SARS-CoV-2 Ag 試薬」を用いることで、インフルエンザウイルス(A/B)と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原を同一検体で同時測定が可能。1回の検体採取で済み、短時間に測定できることから、医療従事者および患者負担の軽減に寄与することが期待される。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  コロナとインフルエンザを同時測定可能な検査試薬が承認