メニューを開く 検索を開く ログイン

中外製薬がコロナ経口新薬を導入

第Ⅱ相試験が進行中

 2021年02月22日 12:01
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 中外製薬は2月19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する直接作用型抗ウイルス剤AT-527(経口)について、日本における開発および販売に関するライセンス契約をロシュ社と締結したことを発表した。

 AT-527は、ヒトフラビウイルスやコロナウイルスを含む一本鎖RNAのゲノムを有する複数のエンベロープウイルスに対し、in vitroおよびin vivoで抗ウイルス活性を示すプリンヌクレオチドの経口プロドラッグである。RNAウイルスの複製に必要なウイルスRNA依存性RNAポリメラーゼを特異的に阻害するように設計されている。米・アテア社により創製され、COVID-19に対する経口治療薬としての可能性が検討されている。

 現在、入院を要する中等症COVID-19患者に対する第Ⅱ相試験ならびに入院をしていない軽症~中等症COVID-19患者に対する第Ⅱ相試験が進行中。2021年上半期までに第Ⅲ相試験開始を見込んでおり、同剤の有効性、安全性を評価する予定である。

 AT-527の抗ウイルス活性および安全性については、C型肝炎患者を対象にした第Ⅱ試験およびSARS-CoV-2を対象としたin vitroの非臨床試験で確認されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  中外製薬がコロナ経口新薬を導入