メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

エーザイのE7090がFGFR2陽性切除不能胆道がんで希少疾病用医薬品に指定

 2021年02月22日 16:42
プッシュ通知を受取る

 エーザイは本日(2月22日)、経口投与可能な新規抗がん薬として開発中の線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体(FGFR1、FGFR2、FGFR3)選択的チロシンキナーゼ阻害薬E7090について、FGFR2融合遺伝子を有する切除不能な胆道がんを予定される効能・効果として、厚生労働省より希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定されたことを発表した。

 E7090は、わが国において臨床第Ⅰ相試験を実施し、FGFR2融合遺伝子を有する切除不能な胆道がんに対する治療を対象に、厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  エーザイのE7090がFGFR2陽性切除不能胆道がんで希少疾病用医薬品に指定