メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

経口HSP90阻害薬pimitespibがGISTでPFS延長

第Ⅲ相臨床試験CHAPTER-GIST-301

 2021年02月22日 17:27
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 大鵬薬品工業は本日(2月22日)、既治療の消化管間質腫瘍(GIST)患者において経口ヒートショックプロテイン(HSP)阻害剤pimitespib(TAS-116)の有効性と安全性をプラセボを対照に検証した第Ⅲ相臨床試験CHAPTER-GIST-301で、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を有意に延長したことを発表した。試験結果の詳細は今後の学術集会や学術雑誌での公表を予定しているという。

 pimitespibはHSP90を阻害することによりがんの増殖や生存などに関与するKIT、血小板由来成長因子(PDGFR)A、HER2や上皮成長因子受容体(EGFR)などの蛋白を不安定化し、減少させることで抗腫瘍効果を示すとされる。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  経口HSP90阻害薬pimitespibがGISTでPFS延長