メニューを開く 検索 ログイン

サルコペニアによる死亡リスクは約2倍

2021年02月25日 11:40

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 サルコペニアは高齢者の活動性を低下させる要因の1つで、転倒や要介護など日常生活に多大な影響を及ぼしうる。東京都健康長寿医療センター研究所研究部長の北村明彦氏らは、わが国の高齢者におけるサルコペニアの実態を明らかにするため追跡研究を実施。その結果、サルコペニアの有病率は加齢とともに上昇し、サルコペニアによる死亡および要介護リスクが約2倍になることが明らかになったと、J Cachexia Sarcopenia Muscle2021; 12: 30-38)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  サルコペニアによる死亡リスクは約2倍