メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ、国内で小児重症例を確認

日本小児科学会、日本川崎病学会が報告

 2021年02月25日 18:37
プッシュ通知を受取る

43名の先生が役に立ったと考えています。

 日本小児科学会は昨日(2月24日)、日本川崎病学会と連名で国内において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症患児が確認されたとの声明を同学会の公式サイトで発表した。患児は少数で、治療によって全例が回復しているという。重症患児について、同学会は「川崎病とは異なる疾患と考えられている」と指摘。「川崎病患者が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染しやすく、それに伴い小児多系統炎症性症候群を発症するといった心配はないことから、川崎病患者を特別に隔離する必要はない」と呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  新型コロナ、国内で小児重症例を確認