メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ダウノルビシン、急性白血病の用法・用量一部変更で承認取得

 2021年02月25日 19:05
プッシュ通知を受取る

 Meiji Seika ファルマは本日(2月25日)、トポイソメラーゼⅡ阻害薬ダウノルビシンについて、急性白血病の標準療法に合わせた用法・用量一部変更承認を取得したと発表した。

 診療ガイドラインおよび公表論文等の公知情報に基づき、他の抗がん薬との併用における用法用量が追加された。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  ダウノルビシン、急性白血病の用法・用量一部変更で承認取得