メニューを開く 検索を開く ログイン

世界希少・難治性疾患の日:啓発目指しアプリでラン&ウォーク

2021年4月12~5月9日に実施

 2021年02月26日 15:01
プッシュ通知を受取る

 今年(2021年)2月28日は、世界希少・難治性疾患の日(Rare Disease Day;RDD)である。

 サノフィは本日(2月26日)、世界希少・難治性疾患の日を支援するプロジェクトとして、4月12日~5月9日にチャリティラン&ウォークイベント「つながるちから-ひとりの一歩が希少疾患の未来に-」を実施すると発表した。

 GPSアプリを使用したこのイベントは、日本在住であれば全国各地どこからでも無料で参加可能。参加者の累積ランおよびウォークの距離に応じた金額が、サノフィから難病患者団体に活動資金として提供される。

 参加申し込みは、3月15日からエントリーページで受け付ける。

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  世界希少・難治性疾患の日:啓発目指しアプリでラン&ウォーク