メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ第一波での救急科労務実態が判明

日本救急医学会

 2021年03月01日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本救急医学会は2月24日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の第一波における救急科医の労務実態アンケート(2020年5月末時点)の結果を公表。回答が得られた全国の救命救急センター/日本救急医学会指導医指定施設180施設(10万2,578床)のうち、15%が集中治療室(ICU)をCOVID-19患者専用のユニットに転換しており、56%がN95マスクの2日以上継続使用を余儀なくされていた実態が明らかとなった。結果の詳細はAcute Med Surg2020; 7: e5922020; 7: e614)に公開されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ第一波での救急科労務実態が判明