メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

がん患者へのコロナワクチンで放射線腫瘍学会が提⾔

 2021年03月01日 10:51
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本放射線腫瘍学会は2月26日、がん患者への新型コロナウイルスワクチンについての提⾔を公式サイト上に掲載した。

 提言では、ワクチンの接種は利益とリスクを⼗分に評価して判断することが必要としながらも、がん患者においてはがん種と進⾏度に応じて標準治療を早期に開始する必要があり、ワクチン接種により標準治療を遅滞なくより安全に進められる可能性があることも考慮すべきとしている。また、がんの既往歴がある患者に対しても、ワクチン接種が可能なった場合は早めに接種を検討することを勧めている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  がん患者へのコロナワクチンで放射線腫瘍学会が提⾔