メニューを開く 検索を開く ログイン

薬剤耐性のALK肺がんに血液がん薬が有効

急性骨髄性白血病薬ギルテリチニブの可能性

 2021年03月02日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 非小細胞肺がん(NSCLC)の3~5%を占めるALK融合遺伝子陽性肺がんの治療では、薬剤耐性の出現が大きな問題となる。耐性機序の研究の進展に伴い、耐性克服を目的とした分子標的薬が相次いで登場したが、第三世代ALK阻害薬ロルラチニブで治療した場合でも、既存のALK阻害薬が効かない重複変異が出現し、これまで打つ手がなかった。がん研究会がん化学療法センター(東京都)基礎研究部部長の片山量平氏らの研究グループは、そうした腫瘍に対し急性骨髄性白血病治療薬ギルテリチニブが有効であることを動物実験で確認したとNat Commun2021;12: 1261)発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  薬剤耐性のALK肺がんに血液がん薬が有効