メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・Merck、転移性小細胞肺がんに対するペムブロリズマブの適応を取り下げ

 2021年03月02日 17:21
プッシュ通知を受取る

 米・Merckは3月1日、米国における転移性小細胞肺がん(SCLC)に対するペムブロリズマブの適応を米食品医薬品局(FDA)と協議の上で取り下げると発表した。

 ペムブロリズマブは第Ⅱ相試験KEYNOTE-158および第Ⅰb相試験KEYNOTE-028の結果に基づき、1レジメン以上の前治療歴があり、かつプラチナ製剤ベースの化学療法施行中または治療後に病勢進行を認めた転移性SCLCに対して2019年6月に迅速承認されたが、承認継続の条件とされた第Ⅲ相試験KEYNOTE-604において、無増悪生存期間の有意な延長は認められたものの、全生存期間の有意な延長を示すことができなかった。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・Merck、転移性小細胞肺がんに対するペムブロリズマブの適応を取り下げ