メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

重症喘息患者へのtezepelumabで増悪が有意に抑制

第Ⅲ相NAVIGATOR

 2021年03月02日 17:17
プッシュ通知を受取る

 アストラゼネカとアムジェンは3月1日までに、コントロール不良の重症喘息患者を対象に上皮細胞サイトカインTSLP阻害作用を有するモノクローナル抗体tezepelumabの有効性および安全性を検証したプラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験NAVIGATORの結果から、tezepelumab投与によりコントロール不良状態にある重症喘息患者の年間喘息増悪率(AAER)の有意な抑制が認められたと報告した。また同試験のサブグループ解析から、ベースライン時の血中好酸球数により分類した3グループのいずれにおいても、tezepelumab投与によりAAERの有意な抑制が認められた。

 なお同試験結果の詳細は、米国アレルギー・喘息・免疫学会の2021年年次集会で発表された。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  重症喘息患者へのtezepelumabで増悪が有意に抑制