メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

大腸の一部を小腸化する移植治療が実現

 2021年03月03日 05:05
プッシュ通知を受取る

30名の先生が役に立ったと考えています。

 小腸では、内壁を覆う絨毛(固有の突起構造)が食物の消化・吸収に大きな役割を果たしている。一方、大腸には突起構造がなく栄養の消化・吸収はほとんどできないが、絨毛の突起構造が小腸でのみつくられるメカニズムは解明されていなかった。慶應義塾大学坂口光洋記念講座(オルガノイド医学)教授の佐藤俊朗氏らは、上皮を剝がした大腸に三次元構造体(オルガノイド)として培養した小腸上皮を移植し、小腸特有の吸収・蠕動機能などを備えた大腸(小腸化大腸)を作製する技術を開発したと、Nature(2021年2月24日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  大腸の一部を小腸化する移植治療が実現