メニューを開く 検索を開く ログイン

イスラエル・コロナ集団接種94%の有効性

ファイザー・ビオンテック共同開発のトジナメラン

 2021年03月03日 05:10
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 世界最速で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種が進められているイスラエルにおいて、医療サービスを提供する最大組織Clalit Health Services(CHS)のNoa Dagan氏らは、ファイザーとビオンテックが共同開発したmRNAワクチン・トジナメラン(商品名コミナティ筋注)の全国集団接種者のデータから同ワクチンの有効性を評価。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発症に対し94%の有効性が示され、臨床試験の結果とほぼ一致したことなどを、N Engl J Med2021年2月24日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  イスラエル・コロナ集団接種94%の有効性