メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

COVID-19パンデミック下の放射線治療の提言を更新:放射線腫瘍学会

 2021年03月03日 13:28
プッシュ通知を受取る

 日本放射線腫瘍学会は3月2日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延下における放射線治療についてまとめた提言を第1.5版として更新した。「COVID-19パンデミックにおける放射線治療 JASTRO提言」は2020年5月に初版が発出され、状況に応じて更新されてきた。第1.4版が発出された2月上旬に比べ、新規陽性者数の低下や医療従事者へのワクチン接種の開始など、状況に変化が生じている(関連記事「がん患者へのコロナワクチンで放射線腫瘍学会が提言」「放射線腫瘍学会がCOVID-19下の放射線治療に関する提言を更新」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  COVID-19パンデミック下の放射線治療の提言を更新:放射線腫瘍学会