メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ファースト・インクラスの抗FGFR2b抗体bemarituzumab開発元のFivePrime社を買収

米アムジェン

 2021年03月05日 11:35
プッシュ通知を受取る

 米アムジェンは3月4日、ファースト・インクラスの抗がん薬bemarituzumabの開発元である米ファイブ・プライム・セラピューティクス社(Five Prime Therapeutics)を買収したことを発表した。

 bemarituzumabはFGF7、10、22とFGFR2bの結合を阻害するとともに、抗体依存性細胞傷害作用(antibody-dependent cellular cytotoxicity;ADCC)により抗腫瘍効果を発揮する抗FGFR2b抗体である。今年の米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2021)では、FGFR2b陽性の進行胃がん患者を対象にmFOLFOX6へのbemarituzumab上乗せの有効性および安全性を検討した第Ⅱ相ランダム化比較試験FIGHTの結果から、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)がいずれも有意に延長したことが報告された(関連記事「FGFR2b陽性胃がんに対する新機序薬の実力」)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  ファースト・インクラスの抗FGFR2b抗体bemarituzumab開発元のFivePrime社を買収