メニューを開く 検索 ログイン

出生時体重重い男性でIGF-1低値は糖尿病リスク

18万人超の前向きコホート研究

 2021年03月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 インスリン様成長因子(IGF)-1は、胎児および若年期の成長と2型糖尿病発症に関連することが知られている。シンガポール・National University of SingaporeのTingting Geng氏らは、UK Biobank登録者18万人超を対象に出生時の体重および成人時の血中IG...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

もうすぐ年越し。年末年始の予定は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  出生時体重重い男性でIGF-1低値は糖尿病リスク

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12月末まで