メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ禍で役立った「簡易遠隔システム」

 2021年03月09日 05:10
プッシュ通知を受取る

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はいまだ流行収束のめどが立たず、医療現場の逼迫は続いている。福島県立医科大学腎臓高血圧内科主任教授の風間順一郎氏は「簡易遠隔患者管理システム(簡易遠隔システム)の導入が患者とのコミュニケーションやスタッフの感染予防、さらに服薬指導に有用である」と第24回日本遠隔医療学会(2月11~25日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  コロナ禍で役立った「簡易遠隔システム」