メニューを開く 検索を開く ログイン

胃切除後4割超に機能性ディスペプシア症状

 2021年03月09日 18:20
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 胃がん患者の胃切除後に機能性ディスペプシア(FD)様症状が見られ、臨床上の問題となることが少なくない。東京慈恵会医科大学附属第三病院中央検査部診療部長の中田浩二氏は、胃切除後に見られるFD様症状の頻度・重さや生活に及ぼす影響についての調査を実施。胃切除を行った胃がん患者の4割超で胃もたれや早期飽満感といったFD様症状が見られたと、GI Week 2021(2月19~21日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  胃切除後4割超に機能性ディスペプシア症状