メニューを開く 検索 ログイン

コロナワクチン、アナフィラキシー例の特徴

治療後に再び症状が現れる例も

2021年03月10日 17:18

355名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は昨日(3月9日)、国内で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種を受けた医療従事者において、同日までにアナフィラキシーが17例で発生したと報告した。このうち、約半数に食物や医薬品によるアレルギーの既往歴があり、喘息や高血圧といった基礎疾患のある例もいた。全例が回復、軽快したが、一部の症例では投薬で症状が改善しても、再び症状が出現したことから、専門家は「改善した後も十分な注意が必要」と呼びかけている。また、ワクチン接種に当たっては接種前にアレルギー関連疾患や症状の既往歴の十分な確認が重要だとしている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナワクチン、アナフィラキシー例の特徴

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535603 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外