メニューを開く 検索 ログイン

若年期ADHDが将来の精神疾患リスクと関連

185万人対象のシステマチックレビュー・メタ解析

2021年03月11日 16:48

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 これまでに、若年期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)と将来の精神疾患との関連を示唆する研究結果は複数示されているが、まだ明確には証明されていない。フランス・Service Hospitalo-Universitaire de Pharmacotoxicologie de LyonのMikaïl Nourredine氏らは、若年期ADHDがその後の精神疾患リスクに及ぼす影響を検討するため、12件(計185万人)を対象にシステマチックレビューおよびメタ解析を実施。その結果、若年期にADHDであった場合はそうでない場合と比べて、将来の精神疾患のリスクが高いことが分かったとJAMA Psychiatry2021年2月24日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  若年期ADHDが将来の精神疾患リスクと関連

error in template: found but mtif was expected