メニューを開く 検索を開く ログイン

急性冠症候群への高流量酸素に便益なし

4万例超のRCT・低流量と30日死亡リスク同等

 2021年03月11日 16:35
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ニュージーランド・University of AucklandのRalph AH. Stewart氏らは、急性冠症候群(ACS)患者に対する酸素供給の便益と害について高流量と低流量で比較する4万例超のクラスタークロスオーバーランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、30日死亡リスクは同等であったことなどをBMJ2021; 372: n355)に報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  急性冠症候群への高流量酸素に便益なし