メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナで入院の糖尿病患者、1カ月で2割死亡

コロナで入院の糖尿病患者、1カ月で2割死亡

フランス・68施設の多施設共同研究

2021年03月12日 05:10

10名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の予後不良に関連する主な危険因子の1つであることが報告されている。フランス・University of NantesのMatthieu Wargny氏らは、糖尿病を有するCOVID-19入院患者の予後と予後関連因子を明らかにするため、同国内68施設の多施設共同後ろ向き研究CORONADO(Coronavirus SARS-CoV-2 and Diabetes Outcomes)を実施。糖尿病を有するCOVID-19入院患者の約5人に1人が入院後28日以内に死亡していたとする結果をDiabetologia2021; 64: 778-794)に発表した。同研究ではまた、入院後28日以内の退院および死亡に関連する因子も明らかにされた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナで入院の糖尿病患者、1カ月で2割死亡