メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナで入院の糖尿病患者、1カ月で2割死亡

フランス・68施設の多施設共同研究

 2021年03月12日 05:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 糖尿病は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の予後不良に関連する主な危険因子の1つであることが報告されている。フランス・University of NantesのMatthieu Wargny氏らは、糖尿病を有するCOVID-19入院患者の予後と予後関連因子を明らかにするため、同国内68施設の多施設共同後ろ向き研究CORONADO(Coronavirus SARS-CoV-2 and Diabetes Outcomes)を実施。糖尿病を有するCOVID-19入院患者の約5人に1人が入院後28日以内に死亡していたとする結果をDiabetologia2021; 64: 778-794)に発表した。同研究ではまた、入院後28日以内の退院および死亡に関連する因子も明らかにされた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナで入院の糖尿病患者、1カ月で2割死亡