メニューを開く 検索 ログイン

新規糖尿病薬tizepatide、第Ⅲ相試験で優れた効果

2021年03月12日 15:05

 日本イーライリリーは、新規糖尿病治療薬tizepatideの第Ⅲ相試験SURPASS-2の結果を発表した。

 tirzepatideはGIP、GLP-1の両インクレチンに作用する週1回投与のGIP/GLP-1デュアル受容体作動薬。同試験では、成人2型糖尿病患者を対象に、セマグルチド注射薬(1mg)を対照薬として40週にわたる介入が行われ、以下の結果が得られた。tirzepatideは3通りの用量が設定された。

・tirzepatide最高用量(15mg):HbA1cが2.46%低下、体重が12.4kg(13.1%)低下、HbA1cが5.7%未満に達した割合は50.9%(セマグルチドに対し全ての項目で有意差あり)

・tirzepatide最低用量(5mg):順に2.09%低下、7.8kg(8.5%)低下、29.3%(セマグルチドに対し前2つの項目で有意差あり)

・セマグルチド群:順に1.86%低下、6.2kg(6.7%)低下、19.7%

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  新規糖尿病薬tizepatide、第Ⅲ相試験で優れた効果

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535638 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外