メニューを開く 検索 ログイン

胃癌治療GL化学療法の改訂ポイントは?

2021年03月15日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

 胃癌治療ガイドライン第6版が間もなく発刊される見込みとなっている。2018年1月に第5版が発刊されて以降、化学療法については新薬の承認や新たなエビデンスが創出されたことにより幾つかのウェブ速報版が発表された。今回の改訂ではそれらを含めたアップデートが行われる。国立がん研究センター中央病院副院長/消化管内科長の朴成和氏は、第93回日本胃癌学会(3月3~5日、ウェブ開催)において、第6版最終案(以下、第6版)の化学療法に関する主な改訂ポイントを概説した(関連記事:「胃癌治療GL第6版の化学療法を展望」「胃癌治療GL、外科領域の変更点は?」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  胃癌治療GL化学療法の改訂ポイントは?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535609 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外