メニューを開く 検索

ワクチンによるアナフィラキシーの指針公開

コロナワクチン接種で、アレルギー学会が作成

2021年03月15日 18:47

239名の医師が参考になったと回答 

 日本アレルギー学会は「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種にともなう重度の過敏症(アナフィラキシー等)の管理・診断・治療」の指針を改訂し、3月12日に公開した。同学会では「SARS-CoV-2ワクチンによるアナフィラキシーは他の原因によるものと変わらず適切な対処により回復する」とした上で、「ワクチン接種に際しては常にその益と害のバランスを考える必要があり、副反応に対する過度な懸念や対応は社会に大きな損失と負担をもたらす」と懸念を表明。その上で、SARS-CoV-2ワクチンの副反応のうち特に重度の過敏反応(アナフィラキシー等)を起こしうる危険因子を踏まえて、接種を避けるべき人やアナフィラキシー発現後の管理、診断、治療法、準備すべき医薬品や医療備品などについて示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  ワクチンによるアナフィラキシーの指針公開