メニューを開く 検索を開く ログイン

持効型インスリンで高齢者の低血糖リスク減

 2021年03月16日 05:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)医薬品評価研究センター(CDER)のMarie C. Bradley氏らは、2型糖尿病を有する65歳以上のメディケア受給者57万例超を対象に、インスリン製剤による重症低血糖リスクを検討。その結果、中間型インスリン製剤の使用者と比べ、持効型インスリンアナログ製剤の使用者では重症低血糖リスクが約30%低かったとJAMA Intern Med2021年3月1日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  持効型インスリンで高齢者の低血糖リスク減