メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

進行胃がん初回治療、ニボ+化学療法の可能性

3件の第Ⅲ相試験から展望

 2021年03月16日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 進行胃がんに対する免疫チェックポイント阻害薬については、三次治療以降における抗PD-1抗体ニボルマブの単剤投与が2017年に承認され、その後、抗PD-1/PD-L1抗体の前方ラインにおける投与に関する複数の臨床試験が進んでいる。第93回日本胃癌学会(3月3〜5日、ウェブ開催)で国立がん研究センター東病院消化管内科医長/先端医療開発センター新薬臨床開発分野の設樂紘平氏は、代表的な3件をはじめ複数の臨床試験結果を供覧し、進行胃がんに対するファーストライン免疫療法について展望した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  進行胃がん初回治療、ニボ+化学療法の可能性