メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ英国変異株の死亡リスク1.6倍

 2021年03月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2020年)9月に英国ケント州で特定され、感染の拡大が認められている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異株(B.1.1.7系統、VOC-202012/01)。英・University of ExeterのRobert Challen氏らは、地域ベースのデータを用いてVOC-202012/01の感染者5万4,906例と従来株の感染者を比較したところ、死亡リスクが1.6倍になることが認められたことをBMJ2021;372:n579)に発表。「感染性が高く死亡リスクを高める変異株は、公衆衛生上の深刻な脅威となる可能性がある」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ英国変異株の死亡リスク1.6倍