メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ベーリンガーとLIBD、精神神経疾患を治療する新規COMT阻害薬を共同開発

 2021年03月17日 14:24
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ベーリンガーインゲルハイムとリーバー脳発達研究所(LIBD)は3月16日、統合失調症を含むさまざまな精神神経疾患における認知機能障害の治療薬となり得る新たな中枢作用性COMT(カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ)阻害薬の開発に取り組む共同研究およびライセンス契約を締結したことを発表した。この提携により、ベーリンガーインゲルハイムは、統合失調症を含む精神神経疾患の対症療法としてファーストインクラスのアプローチとなり得る非臨床パイプライン候補へのアクセスを獲得することになる。最終的には、新規COMT阻害薬候補を臨床段階に進めることを目指すという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  ベーリンガーとLIBD、精神神経疾患を治療する新規COMT阻害薬を共同開発