メニューを開く 検索 ログイン

なぜ「弱い」?敗血症へのステロイド併用

日本版敗血症診療ガイドライン2020

2021年03月18日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

 初期輸液と循環作動薬に反応しない敗血症性ショック患者に、ヒドロコルチゾンとフルドロコルチゾンを併用投与すべきか。『日本版敗血症診療ガイドライン2020』(J-SSCG2020)で採用されたこのクリニカル・クエスチョン(CQ)に対し、相反する成績が報告されている。慶應義塾大学救急医学の山元良氏は、J-SSCG2020において両ステロイドの併用投与を弱く推奨するとした経緯を第48回日本集中治療医学会(2月12~3月15日、ウェブ併催)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  ガイドライン・診断基準 »  なぜ「弱い」?敗血症へのステロイド併用

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで