メニューを開く 検索を開く ログイン

日米欧3学会が心不全に新たな国際定義

 2021年03月18日 17:05
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

 日本心不全学会(JHFS)、米国心不全学会(HFSA)、欧州心臓病学会傘下の心不全学会(HFA-ESC)はこのほど、3学会が合同で策定した心不全の国際定義(universal definition)を示したコンセンサス・ステートメント(Eur J Heart Fail 2021年2月19日オンライン版)を発表した。これまで、心不全には国際的に統一された定義がなかったことを受けて、「臨床的に意義があり、シンプルだが概念としては包括的な定義を策定した」としている。同ステートメントでは、心不全の新たなステージ分類や左室駆出率(LVEF)による分類も示された。Co-chairを務めた九州大学循環器内科学教授の筒井裕之氏のコメントとともに紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  日米欧3学会が心不全に新たな国際定義